POSレジを活用~仕事の効率サクサクUP~

レジのシステムの進化

POSシステムの違いと注意点

POSレジとは、POSシステムが組み込まれたレジのことです。元々は不正防止のためのシステムを搭載したレジを指す用語でしたが、現在では商品管理を行えるレジのことを指します。POSレジで出来ることは、POSシステムによって異なります。そのため目的によってどういったものを導入するかが重要となります。注意が必要な点に、費用対効果があります。多様なシステムを搭載したレジの方が汎用性は高いですが、目的に必要のない機能もある場合には、安いPOSレジで十分な場合も多いです。最近はPOSレジのみを扱う業者も増え、オンラインで情報を得られる環境も整っているので、比較して良いレジを選べます。情報の整理方法もレジによって違いがあります。

POSレジとネットワーク

昨今のPOSレジは、ネットワークに繋いで利用することもできます。ネットワークにつなぐメリットは、多数の店舗の管理がしやすくなることです。地域別の売上、時間帯による売上などは把握がしやすくなる上、今後の営業にも役立ちます。特にコンビニ、スーパーマーケットなどでは、POSレジを活用して棚の配置であったり商品の陳列方法を変えるといったことも普通に行っています。ちなみに、ネットにつなげば一般的なコンピュータでデータ管理が可能となります。データは年度別、月別などに保存し、分析することで次の年に有効活用できます。POSレジによっては、商品をバーコードで読み取った時点で商品が売れた時間帯、天気なども保存されます。