POSレジを活用~仕事の効率サクサクUP~

POSレジの機能

販売実績の管理データを活用する

POSレジとは商品販売における売り上げ情報を単品ごとに集計するレジスタのことです。商品ごとについているバーコードを読み取ることで商品名や値段などの情報を記録する仕組みで、レジ担当者にとっては記入ミスを防ぐメリットがあります。POSレジの特徴は商品名や価格、数量などの販売実績データを収集するシステムを持つことです。経営者にとっては、売れ筋商品や死に筋商品の把握が容易になり、店舗在庫の回転率を上げるのに役立つなどのメリットがあります。また、上手く活用することで、マーケティング材料としての利用も可能です。通常POSレジにより収集したデータはホストコンピュータに集積されるので、複数の店舗の販売動向の比較が容易になり、経営戦略を立てやすくなります。

POSシステムの導入コスト

スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで広く利用されているPOSレジの導入の際、その費用はどれくらい必要なのでしょうか。POSレジの導入に必要になるのは初期費用、運用コストです。一般的なPOSシステムの場合、レジ端末価格の平均価格は1台10万円以上です。システムの導入を考えると初期費用は100万円を越えることもあります。さらにセキュリティやサポートなどの運用コストも考える必要がありますが、初期費用や運用コストについては、ケースバイケースで店舗規模や業者によって異なってきます。正しいPOSシステムの選び方は、店舗が抱えている問題を正確に把握し、それを解消できるような機能を備えているかどうか見極めることです。多機能であることが良いのではなく、不要な機能を省き本当に必要な機能を備えているかが大切なのです。